女性の薄毛の原因は何か?

 

女性の薄毛の原因は、男性とは髪質が違い体のメカニズムも違うため、一部のことを除けば男性とは全く違います。まず女性の薄毛は毛が細くなり、髪の毛の分け目から薄くなることから始まります。原因として1番大きな理由になるのは、ホルモンバランスの崩れであると言われています。近年の女性は社会進出により、男性並の勤務やストレス及び生活習慣の乱れが生じ、男性化が進んでホルモンバランスが、崩れやすくなっていると考えられています。従って女性でありながら、男性型の脱毛症になってしまう女性もいます。まず生活習慣の乱れを正し、栄養バランスのとれた食事をとり、ストレスの軽減に努める必要があるでしょう。

 

また女性特有の原因としては、血行不良・加齢・栄養不足・過度のダイエット・ヘアスタイリングのやりすぎ(シャンプー・パーマ・ヘアダイ・ヘアークリーム)等が考えられます。殊に多いのがヘアスタイリングのやりすぎで、シャンプー・パーマ・ヘアダイを行う際に、界面活性剤や添加物の多いシャンプーやコンディショナー・スタイリング剤を使っていることが多く、それによってキューティクルが剥がれて、髪質を弱くしているケースが多いのです。髪に負荷を与えすぎているために、髪の毛を抜けやすくしてしまっているということです。ですから、これらのものを天然由来成分の無添加のものに代え、洗髪やスタイリングの回数を減らせば、それだけでも薄毛は予防出来るということなのです。

 

また女性の場合頭頂部から分け目の部分が薄くなりやすいため、いつも同じ分け目にするのもよくありません。男性型の脱毛症になった場合、頭皮が茶色に変色してしまう場合もあります。女性は30代から女性ホルモンの分泌の減少が始まり、40代になると急減するという、加齢による薄毛の原因もあります。女性でも男性のように、高齢になればなるほど薄毛になるということはあり得るのです。
株式会社ライオンの調査では、女性ホルモンの減少により、発毛促進シグナルBMPの遺伝子発現が低下することも明らかになっています。そして毛乳頭細胞を培養してBMPの働きを解析し、培養液に女性ホルモンを加えてBMPの量が2倍になることも発見しています。育毛の面から考えますと、ホルモンバランスの崩れにより減少した女性ホルモンは植物エストロゲンで補い、男性型脱毛症はそれに見合った方法を行う必要があると考えられているそうです。

 

その他のストレスについては、最初にお話したように仕事の負担の軽減や、規則正しい生活習慣を心がけ、栄養バランスのとれた食事・十分な睡眠と休息が不可欠であると思います。そして適度な洗髪やスタイリング等に気をつけても、なお薄毛の解消に至らない場合に、初めて育毛剤の力を借りるようにすることが理想です。最初から育毛剤に頼らず、自然の治癒力との兼ね合いで対処していくことが大切です。